Monthly Archives: 10月 2015

インフルエンザとルエンザと空気清浄装置について

真冬は寒い時期ですから、外に出るよりも家の中に引きこもりがちです。外に出れば、インフルエンザをもらってくる可能性もありますから、ルエンザにもかからないように、おうちでの時間が増える人も多くなります。しかし、ルエンザは、それほど甘くはありません。真冬の人ごみは、それこそインフルエンザのウイルスを、いつ貰うかはわからないです。実は外だけではなく、室内であってもルエンザにかかる可能性はあります。

インフルエンザのウイルスは、寒い時期で空気も乾いている時に、とても活発になります。冬はどこの家でも、窓は閉めっぱなしですし、エアコンやストーブなどの暖房で、室内を暖かくしています。暖かい部屋はいいのですが、空気にまで気を回さないことが多いので、乾燥しきった室内空間をつくっています。この乾いた状態の中では、ウイルスは元気にいつまでも存在することになります。まさに、インフルエンザの活躍の場を、進んで与えているようなものです。

室内の空気は、空気清浄装置などでクリーンにすることです。空気清浄装置を置くことで、空気の中に浮遊している、様々な微粒子を分解していきます。室内空間の空気は、空気清浄装置のかどうにより浄化されることになります。ウイルスなどの微粒子を、捕集したり除去をしたり、分解したりして、見えない空気の清浄化をするのが大きな役割です。外から帰ってきて、一緒にウイルスを連れて帰ってきている可能性はあるので、空気清浄装置でスッキリさせるといいです。

空気清浄装置には、種類もありますし、特徴も異なります。空気をきれいにしながら、部屋の乾いた状態をケアするなら、加湿器機能を搭載したタイプも選ぶことができます。