インフルエンザに感染する時期はインフルエンザに注意

インフルエンザは毎年秋の終わりごろから徐々に感染する人が出始めて、1~2月をピークにして徐々に収まっていきます。早い目に予防接種を打つなどインフルエンザに感染しないように、自分自身でも用心しておく事が大切です。予防接種の時期が遅くなってしまったとしても、それでもしておいた方がかかった時に重篤化するのを防げたりする事もありますので、時間を作って病院で受診をしてきましょう。

一般的にはインフルエンザもウイルス性の感染症なので、一度かかったら抗体もできるので大丈夫なのではと思うものです。けれどもインフルエンザウイルスは毎年変異しているため、同じものがありません。そのため、そろそろ流行時期だというときには予防接種の張り紙なども出ますので、それを参考にして必要に応じて病院に出かけることになります。

冬の空気は乾燥しているので、誰かがインフルエンザに感染していたらくしゃみなどをしたときにウイルスはそのまま空気中を漂って他の人に付着します。また、呼吸をしている時に吸入をしてしまうと、当然ながら感染してしまうことになります。場合によっては目の粘膜からも入り込んで感染することもあるぐらい協力なのです。

この時期は外気も冷え込みやすく、体温は保たれていてものど回りは33度ぐらいとインフルエンザウイルスが好む温度環境になっています。湿度が高ければそのまま体外へと排出されていきますが、乾燥しているとのどに付着したまま動かず体内に取り込まれて感染してしまいます。寒いとそれだけで体力なども落ちやすくなります。この時期はなるべく人混みになるような場所には行かないようにし、マスクなどもつけて外出するなどの対策を取って注意しましょう。