インフル潜伏期間の症状と風邪との違い

インフルエンザというのは、そのウイルスによって症状が起こるものであり、普通の風邪とは全く異なります。風邪というのは、くしゃみや鼻水、のどの痛み、発熱、頭痛、食欲不振など陥ります。しかし、わりと症状は軽く、それほど重い症状にはならないのですが、インフルエンザは1~5日程度の潜伏期間のあとに急激に重い症状が出るのが特徴です。潜伏期間はほとんど症状が出ないのですが、その後急激に38℃以上の高熱がでたり、関節痛や筋肉痛が出たり、経験のないような酷い倦怠感を感じることもあるので、区別しやすいのです。
予防接種を受けていれば、罹ったとしてもそれほど症状は重くはならないのですが、そうでないと本当に大変な思いをすることも多いのです。症状がひどく、気管支炎や肺炎などの合併症を起こした場合では、死に至ることもあるくらいの危険でもあるので、油断しないように気をつけましょう。
インフルエンザやそれに伴う合併症にならないようにするためにも、予防をしていく必要があります。予防接種を受けたり、日頃からうがいや手洗いを行ったり、室内の換気や保湿に努めたり、マスクなどで飛沫感染の予防をするといいでしょう。
もしも、家族や友人などの身近な人に罹ってしまった人がいたら、隔離をして接触を避けるように心掛けましょう。インフルエンザはとても強い感染力があるので、ちょっとした接触でもうつることがあります。潜伏期間は何もなくても、その後の症状はとても重くなる傾向にあります。
冬場の空気が乾燥している時期では、ウイルスが空中浮遊をしているので、常に気をつけて生活をするようにしましょう。そして、日頃から栄養や睡眠を十分にとって、抵抗力を高めるようにしましょう。